1. TOP
  2. マーケティング
  3. コンサル型ビジネスで収入を得るために、最初に決める3つのこと。

コンサル型ビジネスで収入を得るために、最初に決める3つのこと。

 2018/08/24 マーケティング  

コンサル型ビジネスはこれからも必要とされ、様々な業種において『コンサル型』で収入を得ていくことが可能です。

副業でもできるビジネスなのでオススメです。

コンサル型ビジネスをオススメする理由は、この記事でご紹介してますので合わせて読んでみて下さい。
↓ ↓ ↓

で、この記事ではそのコンサル型ビジネスで収入を得ていこうとする人が決めておかないといけないことをお伝えしていきます。

まぁコンサル型ビジネスじゃなくても、ビジネスをしている方なら重要なことなんですけどね。

コンサル型ビジネスが最初に決める3つのこと

コンサル型ビジネスを成功させるために、必ず決めておかないといけない3つのことがあります。

それは、

  • 誰がお客さんなのか?
  • 何を売るのか?
  • どうやって売っていくのか?

この3つです。

この3つの質問に明確に答えられる状態じゃないといけません。

これを明確に、しっかり戦略をもって決めていきましょう。

 

誰がお客さんなのか?

ターゲットということですね。

マーケティングを勉強している方であれば『ペルソナ』ということですね。

これを明確に設定しておかないといけません。

良く質問されますが、一人だけです。

このターゲットを決めておかないと、

  • 誰に対して価値を提供できるのか?
  • 誰に対して情報を発信しているのか?

ということがあいまいになり、ブレてしまうんですよね。

そして結果的にお客さんに響かなくなってしまいます。

ターゲットを一人に絞ってしまったら、売れる人数が減るんじゃないか?

という質問も良くあるんですが、心配いりません。

例えば、ペルソナとして女性をターゲットに「設定」しても、どこかで共感してもらえたら男性も集まって来てもらえますので。

なによりターゲットを複数にしてしまうと、コンセプトとしてどうしてもボヤけてしまうんですよ。

なので結局誰にも刺さらなくなるんです。

 

何を売るのか?

自分は何を売っているのか?

自分は何屋さんなのか?

ということを理解しなければいけません。

良くある例ですが、

ドリルを買いたい人は、ドリルが欲しいから買うんじゃありません。

穴が欲しいからドリルを買うんです。

スターバックスはコーヒーを売っているんじゃありません。

第3の場所つまりサードプレイスを売っているんです。

このようにその商品・サービスの先にあるものっていうのを売っているんです。

これを理解しておきましょう。

マーケティング用語で『ベネフィット』と言われたりします。

このベネフィットを打ち出せるかどうかが大事なんですね。

 

あなたが売りたいものを売らない

最大のポイントはあなたが売りたいものではなく、『お客さんが欲しいもの』を売るということです。

当たり前のように聞こえますが、多くの人ができていません。

  • お客さんは何に悩んでいるのか?
  • どんな問題を抱えているのか?
  • どうなれば良いと思っているのか?
  • 何を必要としているのか?

ということを徹底的に調査して下さい。

  • ネット調査
  • 競合調査
  • 実際に人に聞く

このような方法で調査します。

で、その問題を解決するものを商品・サービスにするんです。

 

メニュー表を作る

で、あとはメニュー表を作っておいた方が良いですね。

メニューがないとお客さんは何を注文すれば良いかわかりません。

そして、そのメニューもただ商品名と価格が書いてあるだけのものじゃいけません。

  • サービス内容を具体的に
  • どんな問題を解決できるのか?
  • そんな未来を提供できるのか?

この3つを意識して作って下さい。

じゃないと興味を持ってもらえません。

ターゲットのお客さんが見て、欲しくなるようなメニューにして行きましょう。

 

どうやって売るのか?

あなたの商品・サービスをどこに向けて発信していくのか?

ということですね。

要はあなたの『バトルフィールド』です。

こちらの記事に新規集客のアプローチの方法を載せてますので、参考に見てみてください。
↓ ↓ ↓

例えばコンサル型ビジネスで最初は何ができるのかというと、

勉強会・セミナー・ブログ・異業種交流会・紹介からの個別面談ですかね。基本的には。

一番効率が良いというか「成約率」が良いのは実は「個別面談」なんです。

成約率だけじゃなくて、コンサルスキルも鍛えられますので最初は個別面談をガンガンしていくことがオススメです。

で、この個別面談の成約率なんですが普通に面談してても契約してくれませんよ。

なのでポイントを少しお話しすると、

ベースとして『質問力』が重要になってきます。

そして、

質問力で本当の問題・原因を見つける→解決策を提示する→私と一緒にやりましょう。

という感じです。

具体的に言うと、

「あなたの本当の問題は〇〇です。こうすれば解決できます。でも一人でやっていくのは難しいです。私の〇〇という商品にお申し込みいただければ、解決していくことができますがどうですか?」

というように進めていくと、適切にやれば成約率はかなり高くなります。(人によっては50%以上)

そのためには繰り返しになりますが『質問力』が重要になってきます。

この記事も参考にしてみてください。
↓ ↓ ↓

 

まとめ

この3つは必ず抑えなければいけません。

まとめると、

誰がお客さんなのか?

何を売るのか?

どうやって売るのか?

です。

これから副業なり、新たな収入源なり、コンサル型ビジネスで収入を得ようとしたい人は必ず抑えてください。

もし成功確率を高めたい方は、こちらのサービスを受けてみてください。
ビジネス全体の戦略地図ができ、何をしていけば良いか具体的に落とし込めます。
↓ ↓ ↓

 

\ SNSでシェアしよう! /

INSIGHT SWITCH -インサイトスイッチ-の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

INSIGHT SWITCH -インサイトスイッチ-の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 【顔出し無しでもOK】起業家はYouTuberになろう!

  • ニッチビジネスの見つけ方・差別化の仕方②【未来のニーズを読む】

  • 【ステップメール7通目】商品・サービスのオファーに緊急性・限定性を持たせる

  • 起業するのに起業塾にいくような人は絶対に成功できない

  • あなたの『商品力』を高める考え方はこれだ!

  • ブルーオーシャンよりレッドオーシャンをねらえ!