1. TOP
  2. マーケティング
  3. 【ステップメール1通目】コンセプトと問題提起

【ステップメール1通目】コンセプトと問題提起

 2019/02/06 マーケティング  

こんにちは、奥です。

ステップメールの1通目ということで、お伝えしていきます。

この記事を読んでいただいているということは、

  • ステップメールをはじめたい
  • ステップメールを作っているが、今のままで良いのだろうか・・・
  • ステップメールにちょっと興味がある

のどれかだと思います。

 

ステップメールに興味がある程度でしたらこの記事は有益ではないかも知れませんので、こちらの記事をご覧ください。

そして、

  • ステップメールをはじめたい
  • ステップメールを作っているが、今のままで良いのだろうか・・・

という方にはとても参考になる記事です。

よく読んでいただき、教科書代わりに使っていただければと思います。

ステップメール1通目の役割

ステップメールの1通目というのは、めちゃくちゃ重要です。

なぜなら、1番読んでもらえるのがここだからです。

この1通目で、次の2通目も読みたい!と思ってもらわなければいけません。

 

で、それにはどんな要素を入れなければならないのか?

というと、

  • コンセプト
  • メールを読むことで読者が得られるもの
  • 自己紹介
  • 問題提起

この4つです。

1つずつ見ていきましょう。

 

コンセプト

この『コンセプト』の部分がハッキリしていないと、全体的にぼやけてしまい読者に響くことは絶対にありません。

読者は、あなたのメールを読むことで、

「このメルマガの登録すれば、悩みや問題が解決できるかもしれない」

「このメルマガは、私の目標達成に必要な情報が得られそうだ」

と感じているからこそ、メルマガに登録してくれているはずですよね。

 

そして、その期待を確信にかえるための土台がこの『コンセプト』になります。

なので、

  • このメールは、誰に向けて発行しているのか?
  • このメールは、何を伝えていくのか?
  • このメールは、なぜ発行しているのか?

ということを含めた、『コンセプト』をハッキリ伝える必要があります。

 

このコンセプトがない方が多いのですが、非常にもったいないです。

まずはこの『コンセプト』を伝えて、お客さんをグッと惹きつけましょう。

 

有料の商品・サービスを案内する場合は明言しておく

このステップメールの目的は最終的には自社の商品・サービスを購入してもらう、ということですよね?

であれば、有料の商品・サービスを紹介する可能性があるということを明言しておきましょう。

例えば、

このメルマガは、〇〇の方に対して〇〇の悩みを解決するノウハウ・方法をお伝えしていきます。

その中で、それをより効果的に実践するにあたり必要となる商品やサービスに関して有料のものをご提案することがあります。

というように。

その際、「この目的に合わない場合は、この時点でメルマガの解除をお願いします。」と促しても良いです。

そうすることで、より濃い見込み客だけが残るようになるので、

  • 商品・サービスを購入してもらいやすくなり成約率が向上する。
  • お互いの時間を無駄にしない。
  • セールスに対してのクレーム(ほとんどありませんが)を防止できる。

という効果があります。

 

メールを読むことで読者が得られるもの

このメルマガを読むことによるメリットを伝えなければいけません。

ターゲットに刺さるようなメリットを打出していきましょう。

例えば私の場合、

・自分のオリジナル商品・サービスを作って、大きな収入を得ていきたい。
・今の自分の商品のままで売れるのか不安。
・商品・サービスの作り方のノウハウを習得したい
・他人の依存したビジネスじゃなく、自分のビジネスを構築していきたい。

という悩みや願望がある方に、

『お客さんに刺さって売れるオリジナル商品・サービスで、高収益ビジネスモデルをつくり高収入を得る方法』をメルマガで提供しています。

このように、このメルマガを読むことで何を得ることができるのか?ということを伝えましょう。

 

自己紹介

自分が何者なのか?という自己紹介が必要です。

よくわからない人からは共感は得られにくいし、何も購入しません。

 

あなたのキャラが魅力的に伝わるような自己紹介を書けば良いのですが、必要な要素としては、

  • 自分が何者であるか?
  • なぜこの悩みや問題を解決できると言えるのか?そのようなことを伝える資格があるのか?
  • なぜこのメルマガが読者の役に立つものであるのか?

この3つの要素を少なくとも伝える必要があります。

具体的には、

  • 実績・経歴・権威性、
  • 知識・経験

を示し、「自分は〇〇のプロフェッショナルで、あたなの悩みを解決できる人である」ということを伝えていきましょう。

 

問題提起

例えば・・・

「あなたはこんなことに悩んでいるのではないでしょうか?」

「あなたの周りにはこんな問題があり、それを解決したいと思われているのではないでしょか?」

という具合に、問題を投げかけます。

読者の悩みや現状を具体的に示すということです。

なぜそうするかというと、

  • あらためて、自分の悩みや問題に気づいてもらう
  • このメルマガに登録したキッカケを再確認してもらう

ということが重要だからです。

 

ここを曖昧にしたままメッセージを届けても、真剣に読んでもらいにくくなるので最後のステップまで読んでもらえません。

 

まとめ

 

はじめに申し上げましたが、

ステップメールの1通目は、1番読んでもらえる部分です。

そういった意味で一番重要と言えます。

まとめると・・・

ステップメール1通目の要素
  • コンセプト
  • メールを読むことで読者が得られるもの
  • 自己紹介
  • 問題提起

です。

参考にしてステップメールを組んでみてください。

 

【あなたのビジネスの問題や質問を募集しています!】

皆さんがどんなことに悩んでいるのか?

どんなことにつまづいているのか?

という貴重な生の声をお聞かせください!

アンケートフォームはこちらから

アンケートにお答えいただいた方に、今ならメールで無料アドバイスをさせていただきます。

\ SNSでシェアしよう! /

INSIGHT SWITCH -インサイトスイッチ-の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

INSIGHT SWITCH -インサイトスイッチ-の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
これを知らずに集客しようとしてはいけない・・・
 

自分の知識・スキル・ノウハウで、
起業している方、したい方・副業からビジネスをはじめていきたい方へ・・・


 

お客さんに刺さる!じぶんのオリジナル商品を軸に、
高収益ビジネスモデルを構築する方法を教えます。


こんなことにお悩みではありませんか?


1540_32自分のオリジナル商品・サービスを作って、大きな収入を得ていきたい・・・
1540_32今の自分の商品のままで売れるのか不安・・・
1540_32商品・サービスの作り方のノウハウを習得したい・・・
1540_32他人の依存したビジネスじゃなく、自分のビジネスを構築していきたい・・・
1540_32自分の商品を作りたいけど何から手を付けてよいのかわからない・・・
1540_32ビジネスモデルや集客の仕組みがなかなかできない・・・
1540_32収入があがらない・・・

 

もしこんなことでお悩みなら、今すぐチェックしてください。


詳しくはこちら

関連記事

  • ニッチビジネスの見つけ方・差別化の仕方④【ピンチをチャンスに変える】

  • 情報コンテンツはもう売れない?情報自体に価値を感じない時代へ突入!

  • 【ステップメール7通目】商品・サービスのオファーに緊急性・限定性を持たせる

  • 30秒以内に相手の心を掴む『エレベーターピッチ』を作ろう!

  • 埋もれてしまいがちな地方サロンが必ずやるべき3つの集客法

  • たったこれだけ!ステップメールを活用したい人が最初にやること