1. TOP
  2. マーケティング
  3. LINE@じゃなく、メルマガをやっている人が最後には勝つ3つの理由

LINE@じゃなく、メルマガをやっている人が最後には勝つ3つの理由

あなたはメルマガをしていますか?

この記事を読んでいただいている方なら

「もうやってるよー。」

という方と、

「メルマガが良いって聞いたことはあるけど、実際なかなかねー。」

という方が多いのではないでしょうか?

 

最近では「メルマガは終わった」といったことが、まことしやかにささやかれたりしていますが、それはまったく違います。

というか、実は何年も前からそんなことは言われ続けてきているんですよね(笑)

そもそも、メルマガというものは「終わる」「終わらない」というような概念のものではありません。

どういう事かと言うと・・・

メールアドレスって皆さんかなりの確率で持っているものですよね。

そして、自分にとって必要な情報だったり役に立つ情報であれば媒体がなんであろうと開いて読むんですよね。

何が言いたいのかというと、

メルマガはもう稼げない・・・終わりつつある媒体だ・・・

とか言っている人は、媒体である『メルマガ』が終わっているんじゃなくて、『自分のコンテンツ』が終わっている可能性が高いんですね。

だから結局、他のどんな媒体でも稼ぐことができないと思います。

 

メルマガを活用して、稼ぐことができている人はたくさんいる・・・

これは紛れもない事実です。

つまり、『メルマガで稼ぐことができる人と稼ぐことができない人の二極化が進んでいる』

これが原因で、稼ぐことができない人が増えたため「メルマガは終わった」説が語り継がれている・・・というのが大きな要因の1つでしょう。

なぜこのようなことが起きるのでしょうか?

それは、メルマガの使い方にあります。

もっと言うと『ステップメール』と呼ばれる、自動でメルマガを配信するシステムを上手く活用できているか?

ということが最大のポイントなんです。

まぁこの『売れるステップメールの書き方』については、コンサルティングや勉強会では詳しくお伝えしていますが・・・

そのうちブログでもお伝えしていこうと思います。

 

今日のこの記事では、なぜ結局はメルマガなのか?

というところをお伝えしていこうと思います。

結局メルマガをやっている人が勝つ3つの理由

最近では、メルマガに変わるツールとしてLINE@というものが数年前から登場してきて、徐々にビジネスで利用されてきています。

メルマガより開封率が断然良いし、日常的に利用されるので馴染みがあるとの理由から「メルマガよりLINE@をやれ!」みたいなことを言われたりします。

結論を言うと、それは全く違います。

メルマガをやって、LINE@をやるのであれば良いですが、

メルマガもやらずにLINE@のみに頼るのはビジネスとしてセンスがなさすぎです。

 

もちろんLINE@は良いと思うし、私自身もクライアントに勧めることもあります。

でも土台としては、メルマガじゃないとダメなんですよね。

それは、次の3つの理由からなんです・・・

①顧客リストとして優秀

②流行り廃りがない

③メールアドレスは必ず持っているし、利用している

順番に見ていきましょう。

 

①顧客リストとして優秀

インターネット上で、一番有効な顧客リストは『メールアドレス』です。

メールアドレスは売上をもたらしてくれる資産です。

逆に、メールアドレスがなければ継続的に売上をあげていくのは難しいでしょう。

例えば、濃厚な顧客リストが100件あった場合、

2万円の商品を提案すれば、30人の人が購入してくれたとしたら売上は60万円ですよね。

さらに、30万の商品を提案すれば3人くらい購入してくれたとしたらそれだけで売上は90万円です。

このように、顧客リストである『メールアドレス』を獲得していれば、わざわざ新規でお客さんを獲得しなくても高い成約率で売ることができるんです。

なぜなら、最初からあなたの商品・サービスに興味がある人がメルマガに登録してくれているからです。

 

②流行り廃りがない

LINEやFacebookは多くの人が利用しているプラットホームですが、飽くまで一企業のサービスであり、流行り廃りは必ずあります。

なので、一時期流行ったmixiのようにいつかは終わりがきます。

それに頼ったリストは危険ということがわかりますよね。

一方『メールアドレス』は、インターネットの上でやり取りするメールですので、流行り廃りというものはありません。

 

③メールアドレスは誰もが持っているし、重要な連絡などはほとんど電子メールが使われる

電子メールって、あまり使わない人でもメールのアカウントは持っているという方がほとんどです。

例えば、LINEやFacebookのアカウント登録時にはメールアドレスを登録しますよね?

その他にも重要な連絡などは、メールアドレスを登録して、そこに連絡する場合が多いんです。

なので、電子メールはインターネットのサービスを利用する際には、なくてはならないものという位置づけなんですね。

 

まとめ

このように、ビジネスの本質的なことを考えると、いかにメルマガが重要なのかがわかるのではないでしょうか?

今からでも、まったく遅くはありませんので安定した売上をあげていきたい方は、是非メルマガをやっていくことをオススメします。

この記事のまとめ

●メルマガで稼ぐことができる人と稼ぐことができない人の二極化が進んでいるのは、メルマガの『使い方』にある。

結局はメルマガをやっている人が強い

●その理由は、

①顧客リストとして優秀

②流行り廃りがない

③メルアドは必ず持っているし、重要な連絡などはほとんど電子メールが使われる

 

【あなたのビジネスの問題や質問を募集しています!】

皆さんがどんなことに悩んでいるのか?

どんなことにつまづいているのか?

という貴重な生の声をお聞かせください!

アンケートフォームはこちらから

アンケートにお答えいただいた方に、今ならメールで無料アドバイスをさせていただきます。

 

こちらも好評ですのでどうぞ。
↓ ↓ ↓

\ SNSでシェアしよう! /

INSIGHT SWITCH -インサイトスイッチ-の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

INSIGHT SWITCH -インサイトスイッチ-の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • ガツガツセールスしたくない!?ステップメールの効果的な使い方を大公開!

  • ニッチビジネスの見つけ方・差別化の仕方③【ターゲット設定】

  • 東京ばな奈と起業家の共通点

  • コミュニティをつくる時の5つの秘訣

  • 廃業してしまう原因の7割は、これができていないから!

  • 【ステップメール4通目】他の選択肢の排除と推奨手段の優位性