1. TOP
  2. セールスコピーライティング
  3. お客さんに刺さって売れる!キャッチフレーズを作る5つの方法

お客さんに刺さって売れる!キャッチフレーズを作る5つの方法

今の情報社会では、人は常に情報のシャワーを浴びています。

テレビを付けるとニュースやCM、スマホを見ても、広告や情報が向こうから飛び込んでくる。そして街を歩けばあらゆる情報が入ってきます。

その中で、お客さんを振り向かせ、注目してもらうには以前に比べ難しくなっています。

 

しかし、ポイントを抑えると誰にでもお客さんに刺さる文章やキャッチコピーが作れるようになります。

この記事では、そのポイントを『お客さんに刺さって売れる!キャッチフレーズを作る5つの方法』ということでお伝えしていきます。

小さな会社や1人でビジネスをしている方などは、コピーライターと雇わなくても、これを実践していただけると良いキャッチフレーズが出来上がります。

感情を表現する

これはどういうことかというと、見る人にサプライズ(驚き)を与えるためです。

簡単な方法だと、感嘆符(!)を付けるということです。

  • 「美味しい」→「美味しい!」
  • 「痛い」→「痛い!」

このように、感嘆符を付けるだけで驚きを与えることができます。

人は、サプライズがあると意識がそちらに向きます。

他の例は、

「語尾に!をつける」

「そうだ、〜」

「なんと〜」

「実は〜」

「まさか〜」

「凄い〜」

例えば、「そうだ 京都、行こう」「あ、小林製薬」などもこの感情を表現する方法で作られています。

今ご覧いただいている、この記事のタイトルも感嘆符(!)がついていますね。

 

ギャップをつくる

人は、ギャップに弱いです。

ギャップの幅が広いほど心が動きます。

めちゃくちゃ悪そうな人が、落ちていたゴミを拾ったりすると、めちゃくちゃ良い人なんだ!ってなりますよね。

これをめちゃくちゃ人が良さそうな人が同じことをしても、そんなには思わないでしょう。

なぜなら、そこにギャップがあるからです。

『ツンデレ』とかもそうですよね(笑)

これを使ってどのようなキャッチフレーズをつくるのか?というと、

ギャップをつくるため、伝えたい言葉の前の言葉のハードルを下げるんです。

具体例をみてみましょう。

・「これは私の勝利ではない、あなたの勝利だ。」

オバマ大統領が就任演説で発した言葉です。

洗練された、素晴らしい表現ですよね。

伝えたいのは「これはあなたの勝利だ」ということです。

それを「これは、私の勝利ではない」と前の言葉を下げてギャップを作り、

より伝えたいことを強調させています。

 

・「いっそ忘れてしまいたい、でも頭から離れない」

「あなたのことが頭から離れない」ということを伝えたい場合、

前に反対の表現を持ってきて、より強調させています。

 

このように、ギャップでキャッチフレーズをつくるときは、

伝えたい言葉の『反対の表現』を直前に持ってきて文章を作ってみて下さい。

 

身体で表現する

これはどういうことかというと、

  • 「鳥肌が立つほど、辛い」
  • 「会いたくて、震える」
  • 「希望の数だけ失望は増える、それでも明日に胸は震える(Mr.Children『くるみ』より)」
  • 「まばたきを忘れるほど、呆然とした」

このように、身体の一部の変化でキャッチフレーズをつくるということです。

この方法を使うと、文章に生命力があふれ温かみが感じられるようになります。

ポイントは、普段は口にしない表現を使うようにすると表現力豊かなキャッチフレーズになるかと思います。

 

期待値を上げる

これは、伝えたい言葉の前に食いつきをよくするということです。

講演家などが注目して欲しいときに、よく使う言葉です。

例えば、

ここだけの話〜

今から1番大事なことを言います、

売上アップの3つのポイントを言います、

これを伝えたい言葉の前に入れます。

そうすると、読んでいる人は「何を言うんだろう?」「どんな話かな?」

と注目するようになります。

 

同じ言葉を繰り返す

同じフレーズを繰り返すことで、言葉のエネルギーが伝わりやすく、人の注目が得られます。

例えば、

「美味しい」より「美味しい、美味しい。」の方が感情のエネルギーが強いですよね。

歌詞や詩でよく使われる手法です。

「まわれ まわれ メリーゴランドLA・LA・LA・LOVE SONG『久保田 利伸』」

「燃えろ燃えろ、明るく燃えろ」

「さいた、さいた チューリップの花が」

このように、同じフレーズを繰り返すことで人の感情を揺さぶり、記憶に残りやすくなるんです。

 

まとめ

この5つの手法を活用することで、お客さんに刺さって売れる!キャッチフレーズを作ることができます。

まとめると、

お客さんに刺さって売れる!キャッチフレーズを作る5つの方法

感情を表現する

ギャップをつくる

身体で表現する

期待値を上げる

同じ言葉を繰り返す

です。

このようなちょっとしたことでも、お客さんの反応は全然違ってきます。

商品・サービスのキャッチコピー、あなたのキャッチコピーなどを考えるときにこの5つの方法を使うと、良いキャッチコピーができますよ。

 

【あなたのビジネスの問題や質問を募集しています!】

皆さんがどんなことに悩んでいるのか?

どんなことにつまづいているのか?

という貴重な生の声をお聞かせください!

アンケートフォームはこちらから

アンケートにお答えいただいた方に、今ならメールで無料アドバイスをさせていただきます。

 

こちらも好評ですのでどうぞ。
↓ ↓ ↓

 

\ SNSでシェアしよう! /

INSIGHT SWITCH -インサイトスイッチ-の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

INSIGHT SWITCH -インサイトスイッチ-の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 新規顧客を獲得するためには文章に『7つの基本原則』を入れよう!

  • 自分の商品・サービスのセースルレターを書く時に大切なポイント10選

  • 読んでもらえるブログやメルマガの書き方5つの秘訣

  • テレビ通販に学ぶ、人を動かす文章を書くコツとは!?