1. TOP
  2. 仕事術
  3. ひとり起業家の目標設定の方法はこれ!SMART(スマート)の法則とは?

ひとり起業家の目標設定の方法はこれ!SMART(スマート)の法則とは?

 2018/04/19 仕事術  

目標設定はあらゆる場面で必要ですが、どのように設定すれば良いのでしょうか?

特に1人起業家の方は、やるべきことがたくさんありなかなか立てた目標を達成することは難しいのではないでしょうか?

そんな方のために、この記事では目標を達成するための目標設定の法則と目標達成する方法をご紹介します。

ひとり起業家のための目標の設定方法はこれ!スマートの法則とは?

SMART(スマート)の法則とは・・・

S(Specific 具体的であること)

M(Measurable 計測可能であること)

A(Attractive 達成したくなるような魅力があること)

R(Realistic 現実的であること)

T(Time oriented 期限が明確であること)

の頭文字です。これを満たしている目標と、ただなんとなく設定した目標であれば、前者のSMARTの法則で設定した目標の方が達成しやすいです。

それでは一つずつみていきます。

S 具体的であること

目標は具体的である必要があります。

例えば、「収入を上げる」「痩せる」だけでは具体的ではありません。

この場合だと、「売上を1,000万円増やし収入を300万円上げる」「今年ハワイに行って水着を着るためにあと5Kg痩せる」などのように、数字を入れるとか、〜のために〜するなど具体的に設定する必要があります。

M 計測可能であること

これはどういうことかというと、目標までの途中段階で進捗度がわかるようにするということす。

例えば、「年間売上を1,000万円増やすためには今月までにいくら売上を立てておく必要がある」「5Kg痩せるためには、いまの時点で何Kg痩せておく必要がある」など、そのプロセスが定量的に計測できるということが必要になります。

A 達成したくなるような魅力があること

やはりその目標が自分にとって魅力的だとモチベーションが上がりやすくなるので結果的に続けやすく達成しやすくなります。

魅力がないと、途中でそもそもなんのために頑張っているんだろう?ということになります。

その目標を達成すると自分にどんなことが起こるのか?ということにフォーカスしてみてください。

R 現実的であること

目標は難しすぎてもいけません頑張れば達成可能な範囲で設定する必要があります。

例えば、「年収を1年後に1億にする」「食事制限も運動もせず5Kg痩せる」という目標設定は不可能ではないかもしれませんが極めて難しいです。

難しすぎる目標設定はモチベーションが上がらず、何かを犠牲にしなければならないことが多いので結果的に達成できません。

難易度で言えば、達成確率が30%から50%くらいの目標が良いと思います。

T 期限が明確であること

期限を設定している方は意外と少ないように思えますが、これは非常に重要なことです。

いついつまでにやるというのを設定しておくのと、何も設定しないのとでは明らかに設定したほうが達成しやすいです。

期限を設定しておかないと、どうしても先延ばしにしてしまうことが多いということがあります。

この期限についても「ちょっと頑張らないと達成できない」レベルの基準に設定しましょう。

 

立てた目標を達成するためには?

以上が目標の設定方法、SMARTの法則です。これに沿って目標を設定してみてください。

ただしこれは目標設定の方法であり、実際に行動しないと目標を達成することはできません。

それでは、1人起業家のための目標を達成する具体的な方法をお伝えします。

その目標を達成するためにしなければいけないことをすべて書き出す

まず、その目標を達成するためには必ず行動をしなければいけませんよね。

その行動を30分〜1時間程度で作業できる単位まで細分化しすべて書き出します。

少しわかりやすく例をあげると・・・

例えば『○月○日に開催するセミナーで10人集客し50万円の売上をあげる』という目標を立てたとします。

あなたがやるべきタスクは『集客』『会場の下見』『申込書の作成』『シナリオの作成』『セミナーの練習』であったとします。

それをさらに細かく、1時間単位にしてすべて書き出していきます。

『集客』なら

・SNSに投稿する文章を書く
・異業種交流会で宣伝するために、異業種交流会に申し込む
・セミナーのチラシを作る
・メルマガで告知する

というように、それぞれ細かくしていきます。

それをいつするのか?ということが一目でわかるように手帳に書いていきます。

ですので、手帳は時系列になっているバーチカルタイプがいいですね。

直接書いても良いのですが1時間以内では終わらない作業もあると思いますので、小さな付箋(無印の小さな付箋がちょうど良い)に細分化したタスクと書き、手帳の1時間の枠に貼って行くというのがオススメです。

このように30分〜1時間単位に細分化することで、何をしたら良いということがわかりさらにそれをタスクとしてスケジュールに組み込んでおくと行動しやすくなり、最終的に目標に到達できるというわけです。

 

最後に

以上、目標設定の法則と目標達成する方法をご紹介しました。

ポイントは大きな最終の目標をドカンと一つ設定するのではなく、小さな目標をたくさん達成していくことです。

細分化し書き出すという作業が多少めんどくさいかもしれませんが、そうすることで結果的に早く最終目標を達成することができます。

そして小さな目標を達成し続けることで、数年後は自分の想像を超える場所にいることができると思います。

\ SNSでシェアしよう! /

INSIGHT SWITCH -インサイトスイッチ-の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

INSIGHT SWITCH -インサイトスイッチ-の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • マルチタスクはダメというか、そもそも不可能。

  • 目標が達成できない人必見!科学的に正しい目標の立て方

  • 起業初期のひとり起業家がやるべきこととは?

  • コンサルティングスキルを磨くための『質問力』とは?

  • 商品コンセプトのアイデアがドンドン出てくる『アイデアノート』を作ろう!

  • コンサル型ビジネスがクライアントから『信頼』を得る3つの方法